バッテリーが原因のトラブル

 

症状

  • 残量あるのに急に電源が落ちる
  • バッテリーの持ちが悪い
  • 画面が浮いている
  • 電源が入らない
  • 充電ができていない
  • iPhone本体が熱い

 

電源が突然切れてしまうトラブルや充電は完了しているのに、いつの間にかiPhoneの電源が切れてしまっている。これの原因は、はっきりとは分かっていないようです。

 

長期間iPhoneを使うことでバッテリーが消耗します、充電等の繰り返しがトラブルの原因ではないかと言われています。

 

バッテリー基礎意識
必読!!電池の減りが早くて困っている人
携帯電話やスマホ,iPhoneを使用する人なら、電池や充電のことって気になってしまいますよね。少し充電の習慣を変えると、電池も長持ちします。iPhoneのバッテリーのリチウムイオン電池は、充電と放電を繰り返すことで寿命が少しずつ減っていきますiPhoneのバッテリーは、フル充電と放電のサイクルを約500回繰り返した時に、容量の最大80%維持できるように設計されています。
使い方によって劣化の度合いが早まることもあります。

バッテリーが劣化しない充電方法で充電することが、バッテリーの寿命を延ばすことにつながります。バッテリーの劣化を抑え長持ちさせるコツはバッテリーを“一回で”より“ちょこちょこ”と充電したほうがいいです。

 

一晩中ずっと充電しておくことは電池によくない?

 

携帯電話スマホ,iPhoneは充電が満タンな状態で、長時間放置して充電しておく時間が長く続くほど劣化します。電池の寿命を長持ちさせたい場合は、普段から50%〜80%の間に充電を留めておくことが良いです。iPhoneを就寝中に充電している人は多いと思いますが、過充電になりやすいためあまりおすすめしません。

電源は定期的に切る方がいい

Appleの見解では、「週に1回電源を落とすだけで、電池の寿命が少し伸びる」。ということです週1回寝るときに、携帯電話やスマホ,iPhoneも休ませると電池の寿命にやさしくなります。

電池を完全に使い切るまで充電しないほうがいい

これはよく勘違いされる方が多いのですが、リチウムイオン電池の場合、ある程度の充電残量があった方が安定します。使い切ってしまうと不安定になってしまい、バッテリーが傷みやすくなります。バッテリーは完全に使い切るまで使うのではなく、こまめに充電したほうが寿命を延ばすことができるというわけです。

電池は熱にも寒さにも弱い
リチウムイオン電池は熱に弱いです。また、寒いほど充電の減りは速くなってしまいます。アップルによると「iPhoneは最低気温は0度までは正常に動作する」としています。
iPhoneも熱すぎず、寒すぎずが良いようです。

それでも、充電が持たない!!
100%にして家を出たのにゲームしたり、LINEをちょっとしただけなのにもう30%!このような場合はバッテリー交換をおすすめします。

 

iPhone修理はコンパス

 

iphoneトラブルラストバナー

端末機器は番号タップで貼り付け!

080-4398-5911

画面割れ

バッテリー交換

水濡れ故障

 

アイフォンのバッテリーが原因のトラブル関連ページ

アイフォン画面割れ
iPhone携帯-液晶画面修理・バッテリー交換はCOMPASS-コンパス/泉大津・和泉市・高石・堺市・岸和田/住所-大阪府泉大津市我孫子129-1/電話番号-080-4398-5911
画面タップに反応しない
iPhone携帯-液晶画面修理・バッテリー交換はCOMPASS-コンパス/泉大津・和泉市・高石・堺市・岸和田/住所-大阪府泉大津市我孫子129-1/電話番号-080-4398-5911
iPhoneの電源入らないトラブル
iPhone携帯-液晶画面修理・バッテリー交換はCOMPASS-コンパス/泉大津・和泉市・高石・堺市・岸和田/住所-大阪府泉大津市我孫子129-1/電話番号-080-4398-5911
本体が発熱するトラブル
iPhone携帯-液晶画面修理・バッテリー交換はCOMPASS-コンパス/泉大津・和泉市・高石・堺市・岸和田/住所-大阪府泉大津市我孫子129-1/電話番号-080-4398-5911